教育内容・方法の工夫

基本情報

氏名 長谷川 明弘
氏名(カナ) ハセガワ アキヒロ
氏名(英語) HASEGAWA,Akihiro

年月日(開始)

2013/04/01

年月日(終了)

 

テーマ

担当科目全般〈フレッシュマンセミナー(初年次教育)、キャリア設計Ⅰ・Ⅱ、心理療法学・ブリーフサイコセラピー論、臨床心理学入門、意識と無意識の心理学、対人支援のための動作法、人間科学基礎演習、人間科学研究序論、臨床心理基礎実習、臨床心理演習、心理療法特論など〉

概要

受講した学生からの科目ごとに講義毎にフィードバックをもらっている。それを可能な限り反映させた講義運営をしている。
単独で担当している担当科目「心理療法学・ブリーフサイコセラピー論」「臨床心理学入門」について受講生が予習ならびに復習可能な形で使用できるように講義での提示ファイルを電子化した。電子化した教材は、学内の教材配信システムとネット上のサーバーを利用して随時配信している。
演習では、出席全員が発言の機会を持つように授業を運営している。
抽象的な内容にならないように具体的な内容として伝わる工夫を心掛けている。例えば大学院科目である心理療法特論の中の「家族療法・ブリーフセラピー」では、受講者に模擬家族を作ってもらって、また受講生の一人にセラピスト役を取ってもらってライブスーパービジョンの形式を取って指導・教育したり、「臨床動作法」「催眠法」では、実習を取り入れたりして、体験的な学習となるような工夫をしている。臨床心理基礎実習では、ロールプレイを学生にしてもらい適宜フィードバックをして面接技能向上に繋がる教育・訓練を心掛けている。(現在に至る)