学会における研究発表

基本情報

氏名 長谷川 明弘
氏名(カナ) ハセガワ アキヒロ
氏名(英語) HASEGAWA,Akihiro

年月

2001/01

学会名

日本心療内科学会第5回学術大会

講演種別

一般講演・口頭発表

発表タイトル

臨床動作法が奏効した原発性結合筋痛症候群の1例,共同

概要

長谷川明弘,飯森洋史,村上正人
原発性結合筋痛症候群は、全身の痛み、不眠や頭痛、月経困難などの身体症状に加えて抑うつ、苛立ち、焦りなどの精神症状を呈する疾患である。また心理的要因によって病態が影響を受け、心身症としての側面も持っている。従って「心因性リウマチ」ともいわれており、薬物療法のみではコントロールし難い病気と考えられている。
 本論文は、心療内科領域において臨床動作法の適用を再検討し、原発性結合筋痛症候群への適用可能性を探った。