学会における研究発表

基本情報

氏名 長谷川 明弘
氏名(カナ) ハセガワ アキヒロ
氏名(英語) HASEGAWA,Akihiro

年月

2010/10

学会名

日本催眠医学心理学会第56回・日本臨床催眠学会第12回大会合同学術大会

講演種別

一般演題・口頭発表

発表タイトル

催眠技法研修における講習内容を検討する-どのような内容を盛り込むのが妥当なのか-,単独

概要

日本催眠医学心理学会(以下、本学会)では、催眠技法研修会を定期的に開催している。本学会の他にも同様の研修会が国内各地で開催されている。
催眠に関する研修プログラムを検討することは、最近再び催眠を学ぼうとする対人援助専門職(医師や心理士等)が増えている機運からも長年希求されていることと考えられる。しかし現状は、ベテランが技を披露するに留まる側面が強いだけでなく、催眠法の学習者にとっては、今の自分の技倆との差を見せられて、継続的な研修につながりにくいことが懸念される。
本研究では、催眠の研修プログラムについて、今後精査し整備していく上での叩き台を提案したい。今回は研究の初期段階として技法研修の構成要素ならびに実技研修の内容について枠組を示した。