学会における研究発表

基本情報

氏名 長谷川 明弘
氏名(カナ) ハセガワ アキヒロ
氏名(英語) HASEGAWA,Akihiro

年月

2020/02

学会名

日本催眠医学心理学会第65回大会

講演種別

一般講演・口頭発表

発表タイトル

しびれる左手に聞いてみる。その「手」があったか-不安から喚起される身体違和感への対処方略-

概要

長谷川明弘,武居将志,飯森洋史 (2020)
しびれる左手に聞いてみる。その「手」があったか-不安から喚起される身体違和感への対処方略-
日本催眠医学心理学会第65回大会,プログラム・抄録集,pp.20-21:2月2日,東京文京区・東洋学園大学
概要:不安などの感情制御に身体への注意過程を取り上げる方略がある(小田,2013)。本発表は、不安に伴って喚起される便意等を感じて乗り物に乗ることに困難さを感じている方に催眠法を適用し、身体感覚に注意を向ける方略によって8回の面接で奏功を得た経過を検討する。催眠の中で、身体に注意を逸らす「気そらし」や、しびれ感を自己制御する感覚を持てるようになることで、身体違和感が変化し、不安が減り、乗り物に乗れるようになったと考えられた。
キーワード:注意のそらし、自己制御感、不安